KAIGOをテーマにした企業と組合の共同イベント|外国人雇用のことなら外国人総研

TOP  ニュース  KAIGOをテーマにした企業と組合の共同イベント

KAIGOをテーマにした企業と組合の共同イベント

2018.04.14

ニュース

KAIGOをテーマにした企業と組合の共同イベント

共同イベントのテーマはKAIGO
4月10日、アジア介護協同組合(アジアケアユニオン)は、そのホームページにおいて、新着情報として、「株式会社ツクイ様×アジアケアユニオン共同イベントの会議」というページを作成した。
株式会社ツクイとアジア介護協同組合による共同イベントのテーマは、組合員、賛助会員と意見を交換し合い『KAIGO』に決定された。開催予定日程は8月31日、開催場所はハービス大ホールとなる。
アジア介護協同組合
アジア介護協同組合は、介護に関する人手不足の解消のために海外人材の受け入れや、経費削減のために介護・福祉に関する備品などの共同購入を行う大阪府の組合である。

アジア介護協同組合は、留学生を日本語学校に通わせ、介護学科のある大学に合格させ、介護福祉士として永住資格を得させるというコースを描いている。
株式会社ツクイ
株式会社ツクイは、在宅介護事業、有料老人ホーム事業、サービス付き高齢者向け住宅事業を行う神奈川県の会社である。

1969年に土木建設会社として出発したが、創業者である津久井督六氏の母親が認知症にかかったことを契機に1983年から徐々に介護サービスの業務に移行した。

(画像はアジア介護協同組合より)


▼外部リンク

アジア介護協同組合
http://acu-net.com/
外国人雇用の事ならお任せください!