外国人技能実習制度をめぐって地方銀行と受け入れ機関が業務提携|外国人雇用のことなら外国人総研

TOP  ニュース  外国人技能実習制度をめぐって地方銀行と受け入れ機関が業務提携

外国人技能実習制度をめぐって地方銀行と受け入れ機関が業務提携

2018.04.17

ニュース

外国人技能実習制度をめぐって地方銀行と受け入れ機関が業務提携

外国人技能実習制度をめぐって
4月13日、株式会社北日本銀行は、そのホームページにおいて、ニュースリリースとして、「流通産業協同組合との業務提携に関する覚書締結について」というpdfファイルを配布した。
この業務提携により、流通産業協同組合は北日本銀行に外国人技能実習制度に関する研修・セミナーに講師を派遣し、北日本銀行は流通産業協同組合に外国人技能実習生受け入れ企業向けの情報を提供することになる。
株式会社北日本銀行
北日本銀行は、1951年に相互銀行業営業の免許を受け、1966年に株式会社北日本相互銀行と商号を定めていたが、1989年、普通銀行に転換し、商号を株式会社北日本銀行と改めた

地方銀行は地域の経済発展に寄与するべきであるとして、北日本銀行は「地域密着」を掲げている。
流通産業協同組合
流通産業協同組合は、業種の異なる中小企業が力を合わせ、企業の発展を目指すために設立された。流通産業協同組合は、主な事業としては、外国人実習生受け入れ事業を行っている。

現在、流通産業協同組合は国から外国人実習生制度の第一次受け入れ機関として認可を受け、中国、ベトナム、インドネシア、タイ等から実習生を受け入れている。

(画像は北日本銀行より)


▼外部リンク

北日本銀行
http://www.kitagin.co.jp/index.html
外国人雇用の事ならお任せください!