外国人労働者も含めて活用!「ダイバーシティ・マネジメント」とは?|外国人雇用のことなら外国人総研

TOP  コラム  外国人労働者も含めて活用!「ダイバーシティ・マネジメント」とは?

外国人労働者も含めて活用!「ダイバーシティ・マネジメント」とは?

2018.07.31

コラム

外国人労働者も含めて活用!「ダイバーシティ・マネジメント」とは?

企業の成長にはダイバーシティ・マネジメントが最適
企業が社会において存在し続けていくためには、時代の変化に応じて企業も変化し続けていく必要があります。しかし、企業を変化させていくことは、簡単なようでありながら、実際には難しく感じられるものです。

企業を変化させていくために最も効果が期待しやすいのは、社員を多様化することですが、そのために有効な手段が「ダイバーシティ・マネジメント」と言えます。ダイバーシティ・マネジメントとは、具体的にはどのような内容を指すのでしょうか。

ダイバーシティ・マネジメントとは?
ダイバーシティ・マネジメントの「ダイバーシティ」とは、「さまざまな」という意味や「雑多な」という意味を持つ単語ですが、一般的には「多様性」という意味合いで使われます。

つまり、ダイバーシティ・マネジメントとは、「多様性を活かした経営手法」と解釈することができます。

ダイバーシティ・マネジメントは、これまでは「女性の社会進出を推進し、女性が企業で活躍すること」ととらえられることが多かったのですが、最近では、女性の社会進出にとどまらず、外国人や高齢者、障がい者も含めた社会進出の推進、ととらえられるようになりました。

むしろ、ダイバーシティ・マネジメントは、人種・性別・年齢・信仰などにこだわらない「多様性」という意味合いを持っていることから、あらゆる人々が社会に進出する、という考え方が適切と言えます。

ダイバーシティ・マネジメントのメリットとは?
ダイバーシティ・マネジメントのメリットとは、社員の多様性に富むがゆえに、企業の活性化が期待できる点です。

社員の構成が多様であれば、新しいアイデアが生み出されやすく、新商品や新サービスが開発されやすくなるほか、新しいアイデアが生まれることによって、社内の問題点も改善しやすくなります。

また、企業が末永く成長を続けるためには、社内の硬直化やマンネリ化は避けたいところですが、社員の構成が多様化しているほど、社員同士がほどよい刺激を受けるために競争意識も高まりやすくなります。

しかも、社内で競争意識が高まれば、競合する社外の企業に対しても競争意識が高まりやすいため、業績の向上を期待しやすくなるメリットもあります。

ダイバーシティ・マネジメントのデメリットとは?
逆に、ダイバーシティ・マネジメントのデメリットとは、社員の多様性に富んでいるがゆえに、社員同士の意見の食い違いが発生しやすいという点です。

人間は、一人一人考え方が異なるため、意見の食い違いが発生することは自然の流れと言えます。

しかし、社員同士の考え方の違いによって意見が大きく食い違ってしまった場合、社員の間で溝が生まれてしまうこともあり、コミュニケーションがうまくとれない状態になってしまうこともありえます。

ダイバーシティ・マネジメントのデメリットを防ぐための方法としては、トップが企業の方針を明確にすること、それとともにトップが社員の考え方に対して寛容であることがあげられます。

トップが企業方針を明確にする理由は、社員が同じ方向を向いて仕事を進めやすくなるためで、それによって企業運営が円滑化しやすくなります。

反面、単に社員の構成が多様なだけでは、社員の目指す方向がそれぞれ異なってしまい、企業の運営に支障が生じてしまいがちです。

また、トップが明確な方針を打ち出し、なおかつ社員の考え方に対して寛容な姿勢を示せば、社員としては、企業方針に従いながら、企業方針の範囲内で自由な発想をしながら業務に取り組むことが可能となります。

これによって、社員は自発的に業務に取り組んでいると感じやすくなり、仕事に対するモチベーションが高まりやすくなるのです。

少子高齢化時代で企業の人手不足が懸念される中では、多様な人材を活用するダイバーシティ・マネジメントが有効と言えますが、企業の方針を明確化したうえで、社員の多様な発想を認める姿勢を持つことによって、ダイバーシティ・マネジメントの成功が期待できることでしょう。

(画像は写真ACより)

外国人雇用の事ならお任せください!